読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CROSSandCREMEを読んでみた♬

CROSSandCRIMEを読んだネタバレ

漫画「CROSS and CRIME」7話を読んだ感想です。

新聞記者の矢崎はひき逃げ事件の被害者の家に行きました。

 

 

遺影には高校球児のような若い男性の

 

 

顔写真が使われていました。

 

 

若くして突然亡くなった彼の家族は悲しみに暮れています。

 

 

 

葬儀に現れて急に被害者の写真を

 

 

 

要求している矢崎は当然拒否されます。

 

 

私は「CROSS and CRIME」をスマホの漫画王国というサイトでお得に読んでます

まんが王国はこちら>>

 

 

事件の取材はこのような悲しい現場にも行く必要があります。

 

 

 

新聞記者の仕事の様々な面を描いているのが

 

 

 

この作品の長所だと思います。

 

 

 


記事にするために亡くなった人物の家族と交渉する矢崎は

 

 

 

母親に泣かれたり他の親族から罵倒されたようです。

 

 

 

その親族の中には矢崎をかばう者もいます。

 

 

私は「CROSS and CRIME」をスマホの漫画王国というサイトでお得に読んでます

まんが王国はこちら>>

 

 

彼も仕事でやっているのだからと諭すのです。

 

 

 

私はこのセリフに心が痛みました。

 

 

 

写真を出すのを嫌がる者ばかりではなく、

 

 

 

一定の理解をしてくれる人もいます。

 

 

 

そんな人たちにも矢崎は迷惑をかけている感覚を持つのだと思いました。

 

 

 

新聞社に帰った矢崎は被害者の写真を持ち帰っていました。

 

 

 

どうにかして交渉でガン首を取ったということです。

 

 

 

このような業界用語もリアリティを感じました。

 

 


仕事を終えた矢崎は優香のいる自宅に戻りました。

 

 

 

夕食を作る彼女を後ろから矢崎は抱きしめます。

 

 

 

しかし彼女は先日のバーの個室での事件を思い出して拒否しました。

 

私は「CROSS and CRIME」をスマホの漫画王国というサイトでお得に読んでます

まんが王国はこちら>>